flower child

Top

<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

12月の徒然 ⑩

b0088205_02555.jpg

contax-rts, tmy400 (pull down to 100), hand-print on oriental fb vc warmtone paper/ 泡にハマってた時があったのでした。

年末の慌ただしい時、いかがお過ごしですか?
泡の浮いた温かい飲み物を飲んだり、その泡を口の端につけてみんなを笑わせたり、のんびりな時間も楽しんでくださいね。

さて、今日からが修羅場、お節料理作り頑張らなくちゃ。
買い出しに行きたいのに、今朝はまた、まっさらな雪に覆われて、外は真っ白でもこもこしてます。
買い出しに行けないから、家にあるものでなんとかしたいと思います。
どうせ、お野菜中心だから、慌てることもありません。
あんこさえ炊いておけば、なんとかなる気がします。

この何日かの出来事を少し。

ここ何日かでカメラまわりのお買い物を少ししました。
moriちゃんは新しいカメラ買いました。
クリスマスプレゼントにうぃぃーーってのを買ったばかりなのに(wiiのことよ)、また大変なお買い物をしてしまい、それは2ヶ月以上も早いお誕生日プレゼントにしました。
わたしは新しいレンズや、ポラロイドまわりのものを少し。
わたしのは今年一年のご褒美にしてもらおうかと思います。

先日、印画紙の発注しなきゃと思っていつものお店にいつものようにお願いしようとしたらなんと、お気に入りだった非常にコストパフォーマンスに優れている印画紙が製造終了になってることに気づいて激しくがっかり。
かわりになるものを探そうと何時間も頭を抱えてカタログ、雑誌、ウェブページを見て回ったけれど、かわりになるものなんてありませんでした。
今年最後にして最大の「ガッカリ」です。

2ヶ月以上前に手元に届くべきはずの小包を2日前に手にしました。(送り主さま、大変、大変失礼しました。)
3週間以上前にオーダーした本がまだ届きません。
今月のカードの支払い明細のメールが届かず、支払いが遅れてしまい、ペナルティーに3500円も払いました。
郵便局が恨めしい。

英語で「procrastination(プロクラスティネイション)」って言葉があります。
procrastinationは物事をぐずぐずと引き延ばして処理したがる、というか、そういうふうになっちゃうというか、わたしには日本語にうまく訳することができない言葉なのですが、このごろのわたしは、何かことある毎に「わたしはprocrastinationの王様だな。」って思います。
とてもとても若くて、時間がたくさんあって、なんでも時間通りに、いや期限よりもずいぶん早くに物事を済ませておくことがなんでもなかった頃にはprocrastinaterが格好良く見えたものですが、今となっては、procrastinaterであることがとても恥ずかしくて、どうにかしたいのです。
でも多分、1月も中旬になれば、そんな風に思ってたことさえも忘れちゃうんだろうなーって予感がします。

さっき、会社にいるmoriちゃんから、同僚が今日地元の会場で行われる大学フットボールのプレイオフの試合のチケットが余ってるからいらないか?って言ってきたんだけど興味ある?って内容の電話がかかってきたけど「ない」って即答しました。
会話は30秒くらいで終わりました。
雪降ってるじゃん。
寒すぎるじゃん。
お節作んなきゃなんだよっ。って。


というわけで、明日は紅白歌合戦を早起きしてインターネットで見れるテレビで見ようと思いまーす。
誰が出るのかなー、わくわく。
[PR]
by tomily | 2009-12-31 00:39 | くらし

ホリデイ

b0088205_12334094.jpg

nikon-f, superia400/ 手作りカード。郵便事情悪いみたいでちゃんと届いてないみたい、まだ。残念。

クリスマスイブの夜、おなかいっぱいで、ひどく眠たくて、いい感じで疲れています。
斉藤和義、聴いてます。
かっこいいの。

昨日は、moriちゃんにサプライズなプレゼントをしようと(クリスマスの)、作り始めた当初は「ヨユウ」と思っていた手編みのベストを、必死こいて仕上げました。
その後、やめとけばいいのに書斎部屋の片付け&模様替えに手を出してしまい、志半ばにして夜を迎えることになってしまい、今、書斎部屋はこの上なくごった返しています。
わたしが模様替えを始めるといつだって、猫が2匹、すっごく嬉しそうに興味津々に邪魔をするのです。
わたしが必死になって家具を動かしてると、いつだって夜はすぐに訪れるんです。
一度部屋から出して待機させておいた家具たちを、決して幸せな結末じゃなくまた元の部屋に押し込むことほどの屈辱はありません。

今日、なんとかしようと思っていた書斎部屋は、結局のところ、昨日の夜と何ひとつ変わることなく、冷たく、静かです。
ホリデイだから、しょうがない。


音楽はジュリーです、今。
ジュリーって、あの、ジュリー。
ジュリーってかっこいい。
ジュリーって知ってる?
ダー−−−−−−リング。


今晩はホリデイの開始ということで、一升瓶サイズの3年寝かせたビールを開けて、蟹なんか食べました。
「蟹を貪り食いたい」ってmoriちゃんが言うから、その通りな晩ご飯でした。
幸せで、眠たいです。
ハッピィ ホリデイ。
[PR]
by tomily | 2009-12-25 12:57 | くらし

12月の徒然 ⑨

b0088205_523036.jpg

nikon-f, superia400/ めずらしもの好きゆえにエンゲル係数の高い家庭なのです。2人+2匹の家族なのに。

魔法というものについて考えてみました。
魔法ってあるなぁって思ってます。
魔法って何かなぁって考えたら、わたしにとってそれは、とても些細なもので、鼻や目や耳を通って心に染み込んでくるもので、ふふふ、とか、くくく、とか、ううう、とかそういう大きさの感動や驚きが似合うようなものです。

さて、今日のわたしに与えられた魔法はメープルシロップの香り。
実は、昨日もメープルシロップの魔法を授かったのですが。


冬だし、忙しいような気持ちになる時だし、だから何か温かくてもにもにしたものを食べるのが落ち着きます。
そんなので、オートミールを食べることが多いこのごろですが、昨日、お昼ごはんにオートミールを作って食べました。
わたしのお気に入りのオートミールの食べ方は、お鍋にロールドオーツとオートブランを入れて、水を注いで、美味しい塩をひとつまみ。
ゆるく仕上がるように5分ほどコトコト。
温めておいた器にうつし、そこにアップルソースを2匙ほどのっけて、シナモンをパラパラ。
それから少しの豆乳を温めて、泡立て器で一生懸命泡立ててもこもこのあわあわを作り、それをオートミールの上にのっけて、これでもかというくらいにもにもにとした食感の食べものに仕上げて古い銀の匙ですくって食べます。
初めて買ってきてみた、甘くないけどバニラのフレーバーがついてるっていう豆乳を、昨日初めて使ってみました。
その豆乳は、温めたらすっごく香ばしいメープルシロップの匂いが立ちのぼりました。
なんだかうずうずと嬉しくなってきて、その匂いに誘われるように、いつもはアップルソースをのせるところ、昨日はアップルソースはお休み、この豆乳のあわあわの上にメープルシロップをスプーンに一杯分、絵を描くように注いで食べました。
その匂いだけで、オートミールはとても甘く、温かく、ふんわりした食べもののように感じられました。
ちょっと元気で楽しい気分になったような気さえしました。
そして今日もやっぱり、オートミールを食べたいなぁって思って、お昼ごはんに食べました。


今朝起きたら、またまっさらな雪におおわれて外は白い世界だったのですが、白い景色をぼぉっと眺めながら、魔法ってあるなぁって思ってるところです。


あ。
写真が全然関係なくって。
これは火を通してないハチミツだそうで、真っ白なんです。
なんか魔法のクスリみだいだなぁと思って。
[PR]
by tomily | 2009-12-23 05:23 | くらし

12月の徒然 ⑧

b0088205_4533122.jpg

nikon-f, superia400/ 寝るのがオシゴト。

今日のトピック。
1、玄関の鍵が壊れました。
2、軽く部屋の配置変えをしました。
3、シナモンパウダーを絨毯の上にこぼしました。
4、クリスマスがもうすぐそこです。

という具合で、シナモンの匂いがぷんぷん漂う部屋の中で、玄関からの侵入者に怯えつつ、クリスマスまでの準備に焦りつつも、少しだけ景色が異なる部屋にちょっぴり満足、のんびりしています。


新年に向けて、何か新しいことをしてみようかと考えてもいます。
デジタルカメラを使ってみようかなぁ。。。と迷っていますが、多分触らないだろうなぁという気がしています。
ソーセージが食べたいなぁと思っているのだけど、きっと一生、肉食はしないと思います。
中途半端な長さの髪に飽き飽きしてて、思い切ったことをするのが好きなわたしは、3年前のようにいきなりベリーショートにしてみよっかなぁなんてワクワクしつつも、このまま伸ばし続けるように頑張る方向に自分をもってゆこうと奮闘中です。


猫のようにくるりとまるまって、時間が流れてゆくのをすぅっとした気持ちで見届けていたいなぁ。。。と思うこのごろです。
[PR]
by tomily | 2009-12-22 04:55 | くらし

12月の徒然 ⑦

b0088205_0592512.jpg

contax-rts, superia200/ ふかふかしてて、軽い歯触りが魅力のイングリッシュマフィン。

こんにちは。
年の瀬ですねぇ。。。。
なんか風流ですねぇ、この台詞。

子供の頃、両親をはじめとする年配の方が使っていて、でも自分には到底その意味などわかりようもなくて、なんだか「イミシン(意味深)」な響きに惹かれていつか自分も大人になったら使ってやろう、大人になったというしるしとして使ってやろうと思っていた言葉がいくつかあります。
年の瀬、と言う言葉もそのひとつだったように思います。
大人になれば、そういう言葉の意味など当然、自動的に、解ってるようになるんだと信じていたけれど、どうもそうではないようでした。
未だに使えない言葉、たくさんあります。
風流を感じて使ってみたくはなるけれど、実際にどういう使い方をするのが正しいのかわからなくて、でも言葉の失敗を犯すことは非常に恥ずかしく感じられて、やっかいです。
大人になるというのは、やはり、ただではいかないことです。
いつの時だって勉強が必要なのです。

なぁんて、イングリッシュマフィンの写真とバランスを欠くお話ですねぇ。

さて、只今、「ぞろ目」が好きなわたしは、お正月に、ひっそりと運営している写真のホームページのリニューアルオープンを目指して頑張っています。
1月1日はぞろ目の王様です。
今年の中頃、ホストサーバーを変えて、それと同時に大幅なリニューアルをしましたが、新しいシステムの中でうまく行かないことの続出、なんだかすっかり、やる気も存続意思さえも薄れてしまってました。
でも、今このときだから、年末大掃除の花形として、再度リニューアルに取り組んでいます。
わたしの中ではこのイベントが一番、今年のしめくくりとして心をすっきりさせるものなのです。
というわけで、イングリッシュマフィンの写真をポートフォリオのどこかに入れたいなぁって思ってて、今日ここに登場です。

年末大掃除、頑張ってください。
えいえいおー。
[PR]
by tomily | 2009-12-21 01:14 | くらし

12月の徒然 ⑥

b0088205_1413387.jpg

nikon-f, superia400/ うちのアパートのとなり。森みたい。

下唇の左下の方にじくじくと痛む赤いものができて何日かが経とうとしています。
この季節なのに、なのか、だから、なのか、食いしん坊に与えられた挑戦状というか、罰というか。
口を開くと痛いの。
ひどいっ。

先週降り続けた大雪は、今週から降り続く大雨ですっかり溶けました。
書斎部屋から見えるところの屋根からぶら下がっていた、長さ1mはある殺人的なつららも、今は影もありません。
先週は大雪で休校だってあっただろうに、今朝は洪水で休校だってニュースが言ってました。
お天気が変なのです。

お天気の話を少し。
わたしは、霧が好きだってことに最近気づきました。
霧の日には、はりきってカメラを持って外に出ちゃうことがわかりました。
あまり目の前がよく見えないって状態、何もかもがもやもやしてる状態って、なんか優しいような気がするのです。
誰もわたしの姿をはっきりと見ることができないのかなと思うと、踊り出したくなるのです。
そういえば、小さい頃、歌番組なんかでアイドルがドライアイスのもやもやに包まれて歌っているのがひどく羨ましかったこと、思い出しました。
と同時に、ケーキを買うとドライアイスを入れてもらえるの、ケーキも嬉しかったけど、ドライアイスもとっても嬉しかったことも思い出しました。
大人になるということは、ドライアイスを見ても何も思わなくなったり、そういうことのすべてなのだろうなぁと思うのです。

が、わたしは写真を撮る人にもなりたいし、パン屋さんにもなりたいし、文章を書く人にもなりたいし、パティシエにもなりたいし、ダンサーにもなりたいし、歌を歌う人にも、布や毛糸でものを作って売る人にもなりたいのです、未だに。
どれもあきらめがたく、どれもやりたいことです。
まだまだ夢見る年頃です。


*クリスマスプレゼント企画*
先日のプレゼント企画、最後のお知らせをするのが遅くなってすみません。
やっと、覚悟決めて決着を迎えました。
どうぞ、こちらにて追記をご覧くださいませ。

[PR]
by tomily | 2009-12-17 02:05 | くらし

巻き寿司と3つのおはなし

b0088205_3412440.jpg

nikon-f, superia400/ 一番最近に作った巻き寿司。具は、たまご、かんぴょう、しいたけ、にんじん、湯がいた菜っ葉。

「ばぁちゃんの巻き寿司」

わたしの母方のばぁちゃんが亡くなって、もう7年くらいが経ちます。
「くらい」って言ってるんだもん、これを読んだ母は忘れっぽくて頓着しない娘にがっかり、残念に思うかもしれません。(ごめんね、かぁさん。)
でも、わたしの中では数字はあまり大切じゃないのか、こういう記念的数字にめっぽう弱いのです。
例えば、先日は、「結婚して10年が経とうとするこのごろ、、、、」なんて言いましたが、実は今年のバレンタインデーに結婚して10年が経っていたことを、先日moriちゃんに指摘されました。
それから、最愛の父が何歳でこの世を去ったのだったか、それさえもよく忘れます。(誕生日は覚えているので、計算すればすぐわかるのですが。)
最悪なのは、自分が現在何歳なのかもすぐにあやふやになってしまうことです。

わたしはずっとばぁちゃんが怖いような気がしてたし、ばぁちゃんに嫌われてるんだとも思って大きくなりました。
わたしはひぃばぁちゃんに大事にされていたから、ひぃばぁちゃんと仲が良くなかったばぁちゃんには嫌われてるって思ってました。

ばぁちゃんは伝統的な行事の毎に5人いる娘たち家族たちのためにたくさんの巻き寿司を作る人でした。
50本は越えるくらい作って、みんなに「取りにきなさい。」と言って電話をくれました。
受け取りに行けない人の家にはじぃちゃんが届けました。
わたしはじぃちゃんも怖いと思ってて、じぃちゃんが家に何かを届けにやってくるととっても緊張しました。

もうばぁちゃんの巻き寿司は二度と食べられないけれど、ばぁちゃんのより美味しい巻き寿司なんてどこにもないって知ってます。
巻き寿司を食べる度、ばぁちゃんはわたしのことかわいいと思ってたはず、と思うようにしています。





「穴子入りか抜きか」

香川県の実家のそばに、美味しい巻き寿司を売るスーパーがあります。
種類は2種類あって、穴子入りが350円くらい、抜きがたしか230円。
moriちゃんとふたりで実家に帰ると、よくここの巻き寿司を買います。
どちらがいい?と訊くと、必ず「抜き。」って即答するmoriちゃん。
わたしは穴子って結構好きだし、穴子入りくらいの贅沢はいいんじゃない?って思うんだけど、でも「抜き。」って断言されるから抜きを買うことにしています。
「巻き寿司1本が230円のコストパフォーマンスが美味しさを助長する」んだそうです。
そういう味わい方もあるかもしれません。





「母が明かす、端っこの秘密」

わたしの母は本当に母らしい人で、夫と子供に食事を提供する時、かならず「いい部分」を差し出してくれるのでした。
魚を焼けば、一番小さいのを食べる母。
果物を剥けば、切れ端や傷んだ部分を食べる母。
何か固まりを切れば、端っこを食べる母。
「いつもいいところをくれてありがとう、ごめんね、かぁさん。」って思ってました。

ある日、母が巻き寿司の端っこを食べようとするから、「かぁさん、真ん中のいいところから食べてよ」って、大人になったわたしは母に言いました。
そしたら母は言いました。
「じぃさんが(曾祖父)がね、よく言いよったよ。巻き寿司は端っこが一番ええって。ほら、具がいっぱい。」

かぁさんがずっと損ばかりしてたわけじゃないってわかって、ちょっと嬉しかったし、今はわたしも主婦らしく、巻き寿司の端っこを食べるようになりました。
[PR]
by tomily | 2009-12-15 14:06 | くらし

嬉しい朝

b0088205_6255577.jpg

Mamiya RB67, Polaroid 690 peel-apart film/ 朝ご飯のあと。いつまでもマーマレードの蓋を開けておきたかった今朝。

今朝、オレンジマーマレードの新しい瓶を開けました。
ぱこん。
冷たい朝、響きわたる香ばしい音、ちょっと嬉しい朝だったのでした。

いつも、この赤と白のチェックの蓋がかわいい瓶のジャムを買うと、甘すぎてうーん、どうかなー、なんかあんまりかなー、って思うのですが、このマーマレードはとても好きな味でした。
しっかり甘かったけれど、とても好きでした。
春頃に開けた赤と白のチェックのイチゴジャムもまだ残ってるんです、実は。
あまり好きじゃない甘さなこともわかっていながらこのブランドのジャムを買っちゃう理由は、見た目がかわいいことと、セールになってて200円ちょっとくらいで買えることがあるからです。
やっぱり、セールという文字に弱いのです、えへへ。
今朝まで赤と白のチェックの上に、お買い得印の黄緑色の「$2.39」の値札が貼ってあったのですが、それはあんまりかわいくないのでちゃんと剥がしました。

さて、今日はこのマーマレードジャムをお気に入りの無脂肪無糖のギリシャヨーグルトに添えて食べました。
ヨーグルトとマーマレードの組み合わせが好きなのです。
あと、ヨーグルトにヌテッラってのも好きなのです。
マーマレードとヌテッラってのも良さそうです。
オランジェットが食べたくなりました。


*クリスマスプレゼント企画*
先日のささやかなクリスマスプレゼント企画に参加いただいた皆様、温かいコメントのお言葉をありがとうございました。
近日中にプレゼントをお届けできる5名の方を選び、追記としてお知らせさせていただきます。
更新しましたら、新しい記事にてそのことを報告しますので、もうしばらくお待ちくださいませ^^

*お知らせ*
ひっそり、のんびり更新してるもうひとつのブログも更新しましたー。英語ですー。よかったらどうぞー。

[PR]
by tomily | 2009-12-12 06:45 | くらし

12月の徒然 ⑤

b0088205_5324376.jpg

nikon-f, superia400/ なぜだか、ミルき(猫その2)の定位置はこの本の山のてっぺんなのです。

冬なので本と一緒に過ごす時間が楽しいです。
陽がある時間はもっぱら編み物などにいそしんでいますが、夜、眠りにつく前のひとときをスタンドライトの灯りのもとで本を読みながら眠気を誘う時間がとってもお気に入りです。
ベッドに入るとすぐに眠くなってしまう性質(たち)なので、敢えて早めにベッドに入るようにして、少なくとも30分は読書時間を楽しめるように心がけています。

写真が多めに入っている英語の本とか、日本の文庫小説なんかをごっそり買おうと、このごろブックハンティングをしています。
どんな本を買おうかなーって探したり考えたりするのはとても楽しいです。
日本の本は海外発送もしてくれるところで、英語の本はamazonで古本屋さんなかの安くなっているのを探して。
日本からはるばるやってくる本たちは厳重かつ丁寧な梱包が施されていて、折れ曲がったり、ページがぐしゃぐしゃになってるなんてことは絶対にあり得なくて、日本人の施す細やかなサービスには深く頭を下げて「ご苦労様です。」とお礼を申し上げたくなるのです。
言わずとも想像に難くなく、アメリカの場合はやってきた本がぐしゃぐしゃなことがよくあり、「いやぁ、さすがですね。」って言いたくなります。

なんと嬉しいことに、昨晩、日本の雑誌を定期購読する手続きを果たしたのです。
いつもお世話になる海外発送してくれるオンライン書店だと、手数料なし、SAL便という割安な発送方法で送ってくれるので、思い切って購読することに決めました。
隔月発行の「クウネル」というのと、その存在を全然知らなかったのにいきなりの「ecocolo」とかなんとか、そういう名前の雑誌をお願いしてみました。
クウネルが発行される月は2000円くらいの出費かなーって踏んでるところです。
ちょっと贅沢、でも嬉しいな。

本があるととっても嬉しいし、本がたくさんある家というのはずっと憧れだったので、おっきな本棚が欲しいなぁって思ってるこのごろです。


*プレゼント企画*
いつも遊びにきてくださるみなさんに抽選でささやかなクリスマスプレゼントを差し上げます。
詳しくはこちらをご覧下さいませませー。

[PR]
by tomily | 2009-12-11 05:55 | くらし

12月の徒然 ④

b0088205_2352426.jpg

onestep, 600film/ 外は真っ白。

おとといの朝起きたら、雪がいっぱい積もってました。
ベランダに置いてあるガラステーブルの上には15センチくらいの雪が積もってて、窓辺からそれを眺めては、「カールルイスの頭みたいー。」って思ってました。

昨日の朝は、気温がー20℃でした。
「ー20℃って、なんですか?」って思ったのでしたが、外に出てみたら「アウチ!」な寒さ、「なるほど、実に、ー20℃とはこのことよ。」と納得。
部屋に戻ってきて玄関の鏡に映ったわたし、「お帰りパパ」になってました。
眼鏡の向こうの景色が見えるようになるまでには、たっぷり2分はかかったはずです。
(ちなみに昨日の最高気温はー10℃だったんだってー。ぷるぷる。ぷるぷるぷる。)

というわけで、恐ろしく寒いです。
いつもひきこもりのわたしも、より一層ひこもり体勢に徹しています。
でも、天の邪鬼なので、人々がひきこもるようになると、外を歩き回りたくなっちゃうのです。
なので、カメラ片手に、やたらと雪の中をこそこそと、アパートのまわりを歩きまわっています。
わたしの使うカメラは鉄のかたまりのようなやつなので(わざわざ、nikon-fのフォトミックファインダーなんていう鉄のかたまりの王様みたいなやつを愛用してるこのごろなのです。)、外に連れてくと、ひどく重たく冷たくなってしまい、そんなカメラで写真撮ってると、パリンって割れちゃうんじゃないかなって思うくらいに手が陶器のようになっちゃいます。

ここまで寒いと、あははー、寒いよーって笑っちゃいます。
寒いのもなんだか楽しくて、そこで、このごろのお気に入りについて少し。
高校生の時以来久しぶりに、ココアがお気に入りのこのごろです。(写真のマグの中身もココアだよ。)
ココアの何が好きって、あのココアだからの匂いがたまらなく懐かしく温かくて好きなのです。
わたしのお気に入りココア時間はこんなふう。
ぷるぷる、さぶさぶって思ったら、無糖タイプのココア(Hershey'sの使ってます。安いから。)大さじ2、お砂糖小さじ1、豆乳1/4カップ、お湯1カップをお鍋に入れて、くるくる混ぜながら沸騰直前まで温めて、厚手のマグカップのじゃーと注いで、両手で抱えて飲みます。
嬉しくってガブ飲みしちゃうので、この幸せはたった3分くらいで終わっちゃいます。
私好みの、薄くてあんまり甘くないこのココアレシピ、皆さんにはあんまりおすすめしません。
ちなみに、moriちゃんにはココア大さじ3、お砂糖大さじ1、豆乳1カップくらいで作ってあげます。
きっとこちらはいい感じなはず。

あ、それから、ずっとアイスクリームって好きじゃなかったのに、最近やたらとアイスクリーム食べてるんです。
冷たい食べ物があまり好きじゃなかったのと、アイスクリームの乳脂肪で気分が悪くなるから苦手だったアイスクリーム。
でも最近見つけちゃったんです、無脂肪アイスクリーム!
スキムミルクで作られたアイスクリームです。
これが美味しくて、夜な夜なmoriちゃんとふたり、お盆の上に4種類のアイスクリームを並べて、どれもこれもカートンごと、スプーンですくって食べちゃうのです。(こういうお行儀の悪さはとても楽しいです。)
この間まではベーグルでぱんぱんだった冷凍庫が今は、アイスクリームでぱんぱんです、あははー。
今晩もやっぱりアイスクリーム食べちゃうなー、あははー。
寒いのにアイスクリーム食べちゃうの、どうしてだろうなぁ。
ストーブとか欲しくなってきちゃったな。


*プレゼント企画*
ささやかなクリスマスプレゼント差し上げます。
詳しくはこちらをご覧くださいませー。
既にメッセージを残してくださってる皆さん、いつも応援してくださってありがとうございます。
みなさんの温かい気持ちと言葉、本当に嬉しく受けとめています^^

[PR]
by tomily | 2009-12-10 04:58 | くらし