flower child

Top

<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

わたしからあなたへ

b0088205_1264243.jpg

b0088205_1274271.jpg

b0088205_1285625.jpg

b0088205_1304292.jpg


この時期、慌ただしい時間の流れに圧倒されている人も多いはず。
しておきたいことは山ほどあるし、それ以上にしておかなきゃならないものは山積みで、それでも今年も残すところあと何時間か。
優先順位をつけなきゃならないジレンマ。
でもね、大丈夫、たいていのことはなんとかなるはずだから^^

10分前行動とはよく言ったもので、10分早めの行動が生む余裕は「保険」以上の威力を発揮する。
焦り、いらだちほど人の心を冷たく打つものはないから。
ここ何年かの目標として、余裕のある行動を心がけてはいるけれど、その心がけにもいくつかかくされたポイントがある。

1、早めの計画
2、覚悟とあきらめ
3、自信

この順番でいけばなんとかなるかなぁなんて思ってる。
早めの計画、長期的見通しはとっても大切。
だから去年くらいからは一年を通しての流れを早めにつかんでおくことにしている。
体力にもお金にも限りがあるから。

覚悟とあきらめ、これはいったん自分が決めたことに対して覚悟をもって取り組むことと、ざっと見積もってみてダメかなぁという心配が生まれた時にはきっぱりと何かを省くとか切り離すといったあきらめさえあれば、予定が狂った時にもなんとかなるから。
いずれの場合も「潔さ」がポイント。

でも結局のところ、最後の最後には自分を信じることが大切なんだよねぇと思う。
過信とか怠慢とか甘えではなく、自分が築き上げてきたものに対する信頼、大丈夫だよと自分に声をかけられるくらいの優しさ、そういうもの。

今年も終わりにさしかかった今、やっぱり「あら、わたしったら、また。。。」と思うこともあるけれど、わたしは自分に「でも、よくやったよ、今年も。」と言ってあげようと思う。


あれ、写真と本文が関係ない。。。。。^^;
いえいえ、ほんとはね、季節のごあいさつ状とか、こういうものに対していつも取りかかりが遅い自分に対する反省をするつもりだったの。
「ときしるべ」ももう少し早くに仕上げるつもりだったのに、道具で遊ぶはんめちゃんを横に焦っていたわたし。
この忙しい時期の短いお誘いで、がっかりさせてしまった方、ごめんなさい。
いつも遊びにきてくださる方に等しくチャンスを差し上げられたとは思えないやり方です。
でも、どうか、この、ノミの心臓のわたしの臆病な気持ちをご理解いただけますように。


わたしからあなたへ、ちゃんと気持ちが届きますように。

*「ときしるべ」の記事にメッセージをくださった皆様へ
[PR]
by tomily | 2008-12-31 05:18 | くらし

心打たれる

b0088205_1202518.jpg

b0088205_12126.jpg
b0088205_1212966.jpg

b0088205_122969.jpg



昨日は一日中吹雪きだった。
ほんとに言葉通り、朝から晩まで吹雪いていた。
どこにも行けないから(ほんとは隣のスーパーまで吹雪の中歩いていったんだけど)、家の中で借りてきたDVDやテレビ放送で映画ばかり見ていた。

この吹雪の中、窓の外の木の上を何かが動く姿が見えた。
りぃこ(リス)だ。
激しく吹き付ける冷たい雪にも負けず、木の実を食(は)んでいる。
わたしは泣きそうになった。
顔中びっしりと白い雪の粒をつけて、それでもモグモグと食んでいる。
生きるとはそういうことなのだ、とわたしは心の底から感動した。

お互い頑張って生きようね、って思いながら、ベランダのテーブルの下にささやかながらひまわりの種を置いておいた。
しばらくするとりぃこがひとつひとつ種をすくいあげてモグモグしていた。
小さな種の中に宿る命、その命を糧にたくましく生きる小さなりぃこの命、厳しい自然にも負けない命の強さが素敵だなと感じた一日。

外がこんな世界になる前にはずっと雪が降る事を、雪の写真を撮ることを待ち望んでいたけれど、こんな世界になって何日も経つ今、なんだか心配だったり、心細かったり、うんざりしてしまったり、ちょっと気分が塞ぎがち。
春という季節は、それほどに待ち望んで、大きな喜びと共に迎えるべきものなのだと感じているこのごろ。
まだまだ先の話になるだろうけれど、今度やってくる春、小さな足音も聞き逃さずに感じれることだろう。


*2009年の「ときしるべ」作りました

去年初めて作ったオリジナル手作りカレンダー「ときしるべ」、この時期になってようやく2009年の「ときしるべ」ができあがりました。
今年は4名の方にプレゼントします。
いきなりのお知らせ、束の間のお誘いで申し訳ありませんが、欲しいとおっしゃって下さる方は一つ前の記事のコメント欄にメッセージをください。
日本時間、12月30日午前0時(30日になった瞬間です)までにメッセージを残してくださった方に差し上げたいと思います。

また、もうすでにメッセージをくださっている皆様、いつも足をお運びいただき、そして応援してくださってありがとうございます。
できることならば、欲しいと言ってくださる全員の方にもらっていただきたいところですが、数に限りがありますので、最終的にお手元にお届けできない方もいます。
それでも、今回いただいた応援の気持ちがいっぱいにこもったメッセージ、本当に嬉しく拝見しております。
温かいお言葉の数々に、心から感謝しています^^

[PR]
by tomily | 2008-12-29 12:34 | くらし

大片付け

b0088205_14493033.jpg

b0088205_1450258.jpg

b0088205_14502959.jpg


今日は一日中あれこれと片付けをしていた。
大掃除というよりは、大片付け。
掃除はこまめにするのが好きなので、この何年かは年末だからと言って特別に大掃除という行事はしていない。
でも、片付けはそうはいかない。
新年前に、方を付けておかなければならないことはたくさんある。
あぁ、大変。

まずは、昨日までは旬だったクリスマスツリーをなんとかすることにした。
これ以上猫にかじられたり、夫に倒されたりする前になんとかしておこう。
それに、わたしだって「今だ」という時を過ぎてしまえば、方を付ける気さえなくしてしまうから。
でも、たったこれだけ、のツリーを片付けるのに一時にやり遂げられない。
途中で気力を失い、オーナメントの寄せ集めを前にお昼ご飯を食べた。
(卵のサンドウィッチです。最近のお気に入り。)

そして、わたしがずぅぅっと気に病んでた大仕事がもう一つ。
もう懲りた、と思っていたのに、今年もまた、あの「ときしるべ」を作ってしまったのだった。
12月入ってすぐにスタートしたのに、印刷まで出来上がっていたのに、途中でやる気をそがれて放置、今日なんとかすることにしたのだった。
で、できました、ときしるべ。
やったー。
これで一歩前進。
あと、方をつけとかなきゃらないものはどこに隠れてるんだろう?

;))
[PR]
by tomily | 2008-12-27 15:21 | くらし

ポトフーが好き

b0088205_1423817.jpg
b0088205_1431099.jpg
b0088205_14516.jpg


この季節、そしてお休みが続くような時には必ずポトフーを作る。
たくさんのお野菜をごろりんとした大きさで入れて、ことことと煮込む。
いつもは我が家で一番大きなオレンジの鍋を使うところ、今回はクリスマスということで二番目に大きな赤にした。

ジャガイモ、にんじん、タマネギ、キャベツ、そしてなぜか、豆腐に卵(笑)。
我が家は肉を食さない家庭なので、そして、ほんとはね、おでんが食べたいんだ、正直なところ。
でも、ねりものなんて高級かつ希少品は手にいれづらいので、洋風おでんのポトフーで我慢。

さてさて、わたしはポトフーに乾燥ハーブの「キャラウェイシード」とスパイスの「クミンシード」を入れるのが好き。
コショウは粗挽きで。
ショウガも皮ごと、厚く切ったものをぽいっと放り込む。
あとは、ときどきジュゥっと噴いた汁がこぼれる音をききながら、温かな湯気と香りの中でお鍋が調理してくれるのを待つだけ。

そう、ポトフーは時間が美味しくしてくれる料理。
だから、時間がたくさんあるこの時期のお休みにふさわしいお料理。

チーズも2種類買ってきた。
あっさりとしたポトフーにチーズを添えて食べるのが好きな夫のために。
castelloというブルーチーズと、pierre robertというブリーチーズ。
どちらもとっても濃厚でコクの強いチーズ。
このくさいチーズたちを前に、チーズと納豆じゃどっちのほうがすごいかという話でもりあがる。
そして、癖の強いチーズとともに、醤油のようなビールを飲む夫。
2006年産の、アルコール度数11%のビールだって。

こうしてクリスマスイブもクリスマスの今日も、ポトフーを食べ続けました。
お鍋でことことなお料理が美味しい、寒い寒いクリスマス。
あったかいもの食べて、あったまろー^^


taken with nikon D80
[PR]
by tomily | 2008-12-26 14:26 | くらし

いちごのショートケーキ

b0088205_3554782.jpg

b0088205_359351.jpg

b0088205_49555.jpg


クリスマスのケーキを焼いた。
今年はどんなのがいいかなぁと思って訊いてみたら、シンプルないちごのショートケーキが食べたいと言うので、そうしたら、わたしまで急にそれが一番クリスマスにふさわしいケーキだなんて思えてきたのだった。

スポンジはもちろん、あの伝説の「魔法のスポンジ」で。(この記事にリンクを貼らせていただくのは多分2回目。ゆっこさん、今回はいい感じに焼けたよぉ^^)
スポンジさえなんとかなれば、ケーキ作りのすべてを制覇できたような気分になる(笑)。
生クリームは苦手だけど、近くのスーパーブランドのものはかろうじてOK。
一流のブランドに比べて安い上、お味の方もそれに見合っているのかな、あっさり派の生クリーム。

24日のお昼、今晩食べるぞ!というものをまとめて食卓の上に並べてちょっと満足な気分。
ケーキはいつ食べる?ってさんざん二人で吟味しあって、やっぱりケーキは夜だよね!ということで、晩ごはんの後、とっぷりと日も暮れてからそれぞれにビールとミルクティーと一緒に夢見てた「いちごのショートケーキ」を食べたのでした。
おぉ、罪深きクリスマスナイト。


b0088205_4154877.jpg


なんだか赤いクリスマスの夜。
雪は青いものだと思っていたよ。
[PR]
by tomily | 2008-12-26 05:20 | くらし

ちびっこがうちにやってきた

b0088205_1538129.jpg


サンタさん、ありがとう!


*****

包みもなし、クリスマスより若干早いし、しかも自分でリボン(それも友達からもらったものの使い回しだし)つけたし、それでも嬉しいなぁ。

手のひらに乗るサイズのこのカメラ、ポッケに入るのが嬉しいなぁ。

あ、名前は「ろーらいこ」です。
距離計なし、露出計も大きく狂っているので、とんでもない写真も撮れます。
でも「メイド イン ジャーマニー」なところが、ドイツ好きのわたしを泣かせませす。


サンタさん、気が利いてるぅっ!サンキュッ!!

そして、みなさんにも、メリィ クリスマスッ!


*小話
アメリカ人はRolleiのこと、「ローリー(アクセントは’リ’の上)」って呼ぶの、変だよね。
で、夫が言う事には、「Rolleiがローリーなら、Leicaはリーカって呼ぶべきじゃんっ」って。
リーカって、、、、りぃこ(我が家ではリスのことをそう呼ぶ)の親戚みたいじゃんっって思ったわたし。
あんまり面白くない小話、でもね、我が家の一員なら笑えるよ、きっと。

[PR]
by tomily | 2008-12-24 15:49 | くらし

are you ready?

b0088205_13381621.jpg


.... not yet ......


*****

今日は冬至。
折り返し地点。
これから少しずつ、太陽がわたしたちに味方する時間が長くなる。


クリスマスまであと4日。
プレゼントはとっくにもらったけれど、あげるプレゼントは何一つ用意できてない。
かろうじて、ケーキの準備がおぼろげに。


大晦日まであと10日。
年越しそば、どうやって食べようかな。
おやつも用意しなくっちゃ。
あ、おせち、どうしよー。


したがって、今年も残すところあと10日。
あと10日で今年が終わるなんて。
あと10日で2009年だって。


are you ready?
[PR]
by tomily | 2008-12-22 13:48 | でんたつ

わたしの好きな場所

b0088205_13282691.jpg


この木がある場所が好き。


*****

先週の日曜日、雪がたくさん積もったのでカメラを持って散歩に出かけた。
1時間くらい経ったところで吹雪いてきて大変なことになった。

でも、どうしても、この木のある場所にたどり着きたくて、必死になってここまでたどり着いた。

紹介します。
これがわたしの大好きな木たちです。

車でブインと通りがかる時にいつも目を奪われてしまう木たち。
季節ごとにずいぶんと様相は違う。
今の時期には、すっかり裸んぼになってしまって、ガイコツな木たち越しに覗いて見る朝陽や夕陽はとってもきれい。

この日は吹雪いていたから、真っ白、もやもやな世界の中にぼんやりと立っているように見えた木たち。
それもまた、やっぱりかわいかった。

満足して家に帰ると、ほっぺたも手も足もまっかっか。
体全体に再び元気良く血が流れるようになった時、あちこちが針でさされるように痛かった。
あの木たちは、そんな痛さにずっと耐えている。
すごいな。


あ、ちなみにこの写真、一応カラーなんですよ^^;
[PR]
by tomily | 2008-12-20 13:47 | くらし

マイナス20℃の世界

b0088205_13333970.jpg


そんなもの、想像できないよ。


*****

今週末、そんな恐ろしい世界がやってくるらしい。
最高気温もマイナス10℃までもあがらないなんて。
そんな世界ってあるのかな。
あ、遊園地の中にあったよね、確か。


今日、スーパーに行った。
お店に入る時、お店から出てきたおじさんが、「ひえー、つめたいぜー、信じらんないさぶさだぜーーー」って叫んでいた。
「さんせいーー」って気持ちを込めて、おじさんに微笑んだ。


実は、家の中でずーっとダウンジャケットを着ている。
少しでも脱いで置いとこうものなら、猫さんが今だと言わんばかりに自分の寝床にしてしまう。
そして取り合いのケンカをする。


道路にはそこいらじゅうにワナがしかけられている。
少しでも気を抜こうものなら、ヒヤリと汗が出てきそうなくらいにつるりんと滑る。
こんなに寒くても汗って出るんだ、って皮肉ってみたりする。


わたしはこの寒さに少々腹をたてているのかもしれない。
怒りの矛先はあやふやなままに。
最近、夫がちょっと魔法を効かせて忍び寄るおぞましきコメントを退治してくれてるようなので、急に活気づいてきたこの場所(すごい更新頻度でしょう?、笑)。
わたしってばほんとに勝手だなぁ。
お引っ越ししようと心に決めていたのに、そんな決心もくにゃっとへしおれてしまったな。
[PR]
by tomily | 2008-12-19 13:47 | くらし

ゆたんぽ

b0088205_152814.jpg


11月の半ばから12月の最初まで日本に帰っていた。
年に1回ペースの帰国なので、日本で買っとかなきゃ!と思うものもたくさんある。
なのに、いつも、帰ったらばたばたと慌ただしくゆっくりと買い物する暇もなかったり、せっかくお買い物するチャンスがあっても「あれ、何が欲しかったんだっけ???」と思うマヌケぶり。
なので、今年は何があってもこれだけは買っておこうと思うものを手帳にメモして帰った。
そのリストに書かれたものと言えば、コンタクトレンズ用品、編み針、青のり、手帳。
なんだかなぁ。。。なリスト。

で、リストには書かれていなかったけれど、ずっとほしいなって思ってたものがあって、それは湯たんぽ。
アメリカにもひょっとしたらこれに近いものってあるのかな。
でも面倒くさいから、日本で買ってかえることにした。
けっこう大きくて、スーツケースの場所をとる。
でも、他に大した買い物もしないし、これくらいの贅沢は良しとした。
喜んで湯たんぽを買ってかえってきたわたしに、後日、すでに湯たんぽを愛用している母が「これがないと、お湯、入れづらいんよ。」と言って買って渡してくれた湯たんぽ用のじょうごもある。

湯たんぽ、足の先が冷たくなった時にとっても嬉しい。
湯たんぽの上、猫さんと取り合いしながら楽しんでいる。
温められたお湯の、柔らかい温かさが嬉しい。
[PR]
by tomily | 2008-12-19 01:18 | くらし