flower child

Top

真夜中のさんぽ

b0088205_11422949.jpg


少し歩いてみないか
何も考えず、ただ歩いてみないか

暗くて何も見えなくても、歩きつづけることがだいじなんだ

きっとうまくゆくから
きっと出口がみつかるから


b0088205_11483371.jpg



*****

2月に寒いところへ旅行に行った時のものです。
その土地を離れる日の前夜、なんだかぼんやりと、辛いような気持ちで歩いていたのでした。
凍えそうに寒いなか、重い重いカメラを首からぶら下げ、かじかむ指で必死にシャッターを押さえました。
何か切羽詰まった気持ちでした。


一足ずつ、歩みは小さくとも、ゆっくりでも、進むことが大事なのだと思いました。
凍えそうな中で立ち止まれない、灯りのある方向へ歩いてゆくしかない、生きるとはそういうことなのだと。


あの日、あの夜のわたし。
きっとどこかで誰かが同じ思いで、今日の夜を迎えているかもしれない。
だいじょうぶだよ、ってゆうことばが届きますように。
[PR]
by tomily | 2008-04-11 12:00 | くらし