flower child

Top

5月の徒然 ④

b0088205_558170.jpg

nikon-f, portra400nc/ 素敵なフィレンツェのドゥオモ。

未だ体調回復せず、変な睡眠周期のまま、のらりくらりと生きています。
声もまだ出ず、ほんとにわたしの声は戻ってくるのか、いよいよ怪しくなってきました。

さて、そんな中、わずか4ロールくらい撮っておいたネガフィルムでの旅行写真ができあがってきたので、その中から冴えない1枚をピックアプしてみました。
旅行中、ずぅっとお天気はどこにいてもイマイチでした。
すっきり気持ちよく一日晴れる、というような日はなく、必ず途中で雲行きが怪しくなったり、あるいは朝から小雨が降り続いたり、最後、ローマの夜ではバケツをひっくり返したような勢いの豪雨にみまわれてしまい、あきらかにこのローマの豪雨がわたしの病気に拍車をかけたのです。
というわけで、今日の冴えない1枚はフィレンツェから。
左手の何個かある橋のうちの一つが、有名なポンテベッキオっていうやつです。
商売人と観光客で溢れ返っていた工事中のポンテベッキオです。
右手のこんもりとお城のようなのが、去年すっかり恋に落ちてしまったドゥオモです。
今年もやぱり、ドゥオモは素敵でした。
今年は、去年しなかった、ドゥオモのクーポラの中を昇ってみたり、ドゥオモが見えるカフェというところで、あまりにも近すぎてデカすぎて色気にかけるドゥオモを見ながら、そしてmoriちゃんとケンカしながらビール飲んだり、遠く離れた高台からドゥオモに思いを馳せたり(これがその時の写真)もして、もうありとあらゆるドゥオモに対する愛情表現を敢行してきました。
満足です。
フィレンツェはこうして高台から町を眺める分にはとても素敵なのに、いざ、あの迷路のような町に身を置くと、副流煙と排気ガスとで体がおかしくなりそうでした。
今思い出しました、わたしは確かにフィレンツェで不調の兆候が出始めたのでした。
フィレンツェにいながら、わたしの住むアイダホの、家の所近の広大な草原で美味そうに草を食む牛を夢に思い描いていたこと、すっかり思い出しちゃいました。
残念。


旅行の話は、また追って、何かちゃんとした形でまとめられたらなぁと思っています。
これからイタリアに行くぞって方のお役に立てるような、そんな情報をお伝えできるような、そして質問もお受けできるようなものにしたいと少しやる気を見せてはいるのですが、なにしろ、わたしの性格なのできちんと全うできるかどうかはとても怪しいところです。
でも頑張ってみたいと思います。
まだ手元に返ってきてないたくさんのポジフィルムもあることだし、白黒もぼちぼちと現像をすすめているところです。
おっかなびっくりの毎日です。
いい加減、病気ともおさらばしたいです。


*お知らせ*
もいっこの食べものブログ、またまた更新しました。
ちょっとやる気が出ているこのごろです。
どうぞ、よろしくですー。
コチラですよー。

[PR]
by tomily | 2010-05-20 06:23 | くらし