flower child

Top

5月の徒然 ③

b0088205_6121698.jpg

nikon-f, tmy400, extol, kentmere glossy/ビールを美味しく飲める日が待ち遠しいです。

こんにちは。
曇ってて、生温くて、空気が柔らかいです。
隣の奥さんは、ベランダにビキニ姿で転がっています。
午前中には窓を開けたまま、大声で旦那さんと大ゲンカしていた奥さんです。
まだまだ若い奥さんは、元気があってよろしいです。

さて、声が出なくなってから5日目になりました。
本当にまた、ちゃんと声が出せるようになるのかちょっぴり不安です。
更には、ちゃんとビールなんかが美味しく飲めるようになるのかも心配だったりします。
元気な体、というのは、元気な時にはその有り難さを微塵にも感じないのに、一旦元気じゃなくなると、ひどく恋しくなるものです。
とりあえず、ご飯は美味しく食べられているので、それだけでも良かったことにします。

さてさて、先日のイタリア旅行でわたしが買ったものと言えば、わずかに、エプロンとチーズ用の小さな木のまな板だけなんですが、今朝、旅の荷物の整理をしていると、ももちゃん(9歳の茶白の猫さん)が異様なまでにそのまな板に反応していました。
すりすり、すりすりすりすり、すりすりすりぃぃぃぃぃ。
しばらくしてまな板を見てみると、ももちゃんのヨダレまみれになってました。
気持ちがいい時に思わずヨダレを垂らしてしまうももちゃん(ブラッシンッグの時など、特に)。
あのまな板には何か媚薬が塗ってあるらしいです。

そういえば、どうしてエプロンとまな板を買ったかと言えば、ある小さな町で巡回中の猫を見つけてしまい、その猫の後をずっと追跡していたら、あるお店の中に入ってしまいました。
その猫さんはそのお店のおねぇさんの猫さんだったのでした。
せっかくお店に入ってしまったので、何もせずに出るのも申し訳なく、そういうわけで、記念にオリーブの木の絵がプリントされたエプロンと、ちっちゃな木のまな板を買ったのでした。
あちらの猫の芳しい(かぐわしい)匂いが染み付いていたのでしょうか。

そういえば、イタリアにいてもやっぱり、フォトグラファー的反応を示してしまうのはいつもと同じもので、それは、木と、薔薇と、猫でした。
木と薔薇と猫の写真をたくさん撮りました。
木と言えば、わたしはオリーブの木が大好きなのです。
南の方にはどっしりとした、うにょうにょと幹を伸ばしたオリーブの木がそこかしこにあり、それはとても頼もしい風景です。
ちょっと鉢植えなんかにも、こぢんまりと美しいオリーブの木が植わった素焼きの植木鉢なんかが通りの隅っこに置かれていたりして、それが石畳の上だったりすると、やっぱり写真撮っちゃいます。

というわけで、なかなか楽しかったイタリアでのお散歩時間に思いを馳せつつも、とにかく、早く美味しくビールが飲めるようになりたいなぁと思っている月曜日です。
あ、声も。


チャオチャオ。


*お知らせ*
もいっこの食べものブログも更新しました。コチラですー。

[PR]
by tomily | 2010-05-18 06:36 | くらし